膝を丈夫に頼れるグルコサミン|小粒のサプリを侮る事なかれ

手軽に作れる健康ドリンク

シェイク

ビタミンや食物繊維が豊富

近年、有名芸能人の間で愛好者が多いことから話題になり、人気を呼んでいる健康飲料にグリーンスムージーがあります。スムージーといえばフルーツのおいしさが丸ごと詰まった飲み物としておなじみですが、グリーンスムージーはこれに緑の葉物野菜を加えたものです。人気の理由は、何と言っても豊富な栄養素を効率よく補給できることです。野菜やフルーツは加熱したり果汁だけを絞ったりせずにそのままミキサーやブレンダーにかけて作るので、ビタミンや食物繊維を無駄なく摂取することができます。また、果実や場合によっては皮もそっくり入っているのでボリューム感があり、腹もちがいい割に低カロリーなので、ダイエット時の栄養補助飲料としても利用できます。

作り方はごく簡単

グリーンスムージーの作り方は非常に簡単です。生のままの野菜とフルーツ、そして水をミキサーやブレンダーにかけて液体にし、できたてを飲むだけです。野菜はホウレン草や小松菜、三つ葉、大葉、セロリなどが適しています。フルーツはオレンジ、バナナ、パイナップル、イチゴ、梨などほとんど何でも使えます。リンゴやブドウなどは皮ごと、種ごと使っても大丈夫です。注意すべき点は牛乳や豆乳など、消化に時間のかかるものを混ぜないことです。また砂糖も入れません。甘さは野菜とフルーツのバランスを加減することで好みのレベルに調整します。飲み慣れないうちは野菜4、フルーツ6ぐらいがちょうどいいと言われています。朝食のお供にはもちろん、おやつ代わりにグリーンスムージーを飲めば、カロリーのカットにも役立てることができます。